<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Andy Mckee すげぇ~!!

また、音楽ネタです♪

最近、お気に入りなのが Andy Mckee。
すごいギターテクなので、まぁ、とにかく見てください。



FMで聞いたことはあったのですが、まさか一人で弾いているとは思いませんでした。

もひとつお勧め曲は、ToToのAfricaのカバー。
ギター一本なのに、原曲の世界観が見事にあふれ出てます。




これも、YouTubeの再生リストが超便利!
http://jp.youtube.com/profile_play_list?user=rpoland

部屋にいるときは、基本的に流しっぱなし状態です。
[PR]
by powder_ski | 2008-08-31 22:09

片付け第二弾&レベッカ

昨日は、片付け第一弾を終えたあと、
前日にふと見た「みゅーじん」という番組を思い出しました。

番組の途中から見たのですが、元レベッカのボーカリストのNOKKOが出ていました。
現在は主婦で、音楽活動も控えていたようなのですが、さすがに歌は上手いです。

レベッカは中学生くらいの時によく聞いてました。
レベッカの曲って、ラズベリードリームやら、MOONやら、アップテンポな曲でも
独特の暗い感じがあるんですよね。
そのちょっと暗い深みが好きでした。(ひねくれてますね・・・)

さすが、YouTubeになつかし映像がたくさんありました。

「NOKKO、めちゃくちゃ上手い~!!」


ライブ映像の再生リスト
http://jp.youtube.com/user/fmie77
を流しっぱなしにしながら、片付け第二弾。

この再生リストって使えます!
YouTubeの映像って数十分ごとに分けられるので、音楽映像が続く場合に
ひとつの映像が終わって次の映像をクリックするのが結構
面倒だったりします。

投稿者が再生リストを作ってくれていると、連続再生してくれるので、
とってもスマートです。

さて、掃除や片付けって、やっぱり重い気分が優勢になりがち。
私にとっては、そんなとき、音楽が気分を盛り上げてくれます。

片付け第二弾で、ずいぶんと紙類がまとまりました。

今の住所に引越したのは去年の11月なのに、
今頃、書きそびれてたの住所変更届けの書類なども・・・

こういうのって無意識に心の重しになっていたりするものです。
一気に仕上げてスッキリ。
[PR]
by powder_ski | 2008-08-26 20:21

手放す

先日の読書会の復習をしていると、”手放す”というキーワードが
妙に浮き出てきました。

たしか、読書会のときは、
「期待していたものを手に入れたとしても、それに執着しすぎないように。」
という意味だったように思います。

例えば、彼女が出来たのはいいが、束縛しすぎて、結局別れを告げられる
ようなことでしょうか。
また、会社の経営者が過去の成功例に執着しすぎて失敗するパターンも
似たような例だと思います。

また、”手放す”の別の解釈として、
「何かを手に入れたい場合、その前に不必要なものを手放すこと。」
という意味もあります。

”掃除をすると願いが叶う”というのも似たような例ですね。
不必要なものを捨てることによって、物理的、心理的スペースが生まれます。
そして、スペース(余裕)ができてくると、本当に必要なものが見えてくる
という理屈でしょうか。


以上を踏まえて、今の自分を見つめてみると、どうやら若干スペースが
窮屈になってきているようです。

というわけで、今、部屋の掃除、片付けの第一弾が終わり、落ち着いた
ところです。

この、”第一弾”というのもミソだったりします。
いきなり完璧を目指すとイヤになりますからね。
[PR]
by powder_ski | 2008-08-24 01:33

再び、引き寄せの法則

今週末、マイミクのmasaさん主催で読書会が開催されます。
テーマが「引き寄せの法則」ということで、関連本を読み直しているところです。

私が引き寄せの法則に出会ったのは、1年半ほど前です。
その頃の記事がコレ
http://blogs.yahoo.co.jp/powder_ski_05/8176524.html

The Secretブームで、本屋にもたくさんの関連本が並んでいますが、
私が知った頃は、”引き寄せの法則”を知る方法は、いくつかのブログをめぐるくらいでした。

上の記事を書いたころは、まだ、ウツまっさかり。
「引き寄せの法則をベースに生きている」
というようなことまで書いていますね(苦笑)

私にとっては、「本質を知る」という気持ちをいつも大切にしているため、
今では、「引き寄せの法則」に対してもいろんな観点をもって接するように
心がけています。

久しぶりに、「引き寄せの法則」でブログ検索をしてみたところ、おもしろいブログ記事を
見つけました。
http://blog.livedoor.jp/mintpiano/archives/51401771.html

この記事の最後にある、

後々、『私の波動が復活したので、波動がオチていた時に知り合ったあなたにはもう、用はありません。』等と言われかねない(苦笑;)

という箇所が印象的です。

 ・意識レベル
 ・無意識、潜在意識
 ・運
 ・ハイヤーセルフ
 ・神
などの言葉も同じようにデリケートな面があり、
「意識レベルが違う。」
と人を判断し、場合によってはその人を避けたり批判したりする。
「無意識に従って。」
という言葉を逃げ口実に使ってしまう。

これは本当にデリケートで、
「いくら逃げ口実と言われようが本人がそれでいいっていうのであれば
いいんじゃない?」
と言われてしまうと、「・・・」なのですが、
「ホントにそれでいいの?」
という声にならない質問を投げかけたくなります。

なんにせよ、盲信になりすぎず、なるべく広く深く物事を見つめ、
自分のユニークな観点を煮詰めていくことが大切なのではないかと再確認しました。
[PR]
by powder_ski | 2008-08-19 22:47

奥多摩

うっ・・・
書きかけの文章を消してしまいました。
結構、気合いを入れた内容だったのですが・・・
仕方ないので、簡潔に。


昨夜はとっても涼しかったですね。
これくらいの気温が続くとうれしいのですが、
今日は早速上がりそうです・・・

この土日は奥多摩の生井先生の農場に行ってました。
やはり奥多摩まで行くと涼しいなぁ~と思っていましたが、
降りても気温がかわらなかったのにはビックリです・・・

農場とはいえ、先生も他のことなどでお忙しく、
今は土地と建物があるだけで、運営はされていない
状態。

HPはこちら
http://park22.wakwak.com/~namai-stress/juku/

奥多摩でもさらに奥まった標高1000mくらいのところの
辺境です。

ここまでくると、さすがに緑が深く、空気と水がやたらと
きれいです。
また、都会とは全く違ったゆっくりとした時間が流れて
いるのがいいですね。

一方、奥多摩でも過疎化が進んでおり、先生との話も
盛り上がりました。

そんなこんなの内容をがんばって書いていたのが、
消去した内容です・・・
[PR]
by powder_ski | 2008-08-18 09:14

センナ茶

昨日、ちょっと太ったという報告をしました。
こういう時は大体の場合、お腹が重く感じたり
するものです。

私の場合は、お腹の調子の落ちとともに、
腰の調子まで悪くなります。

今回も、お腹にガスが溜まっているような
張りを感じていました。
それと同時に、腰も固く凝った状態になってきました。

こういう時に手っとり早いのがセンナ茶。
生井先生に教えていただいた方法で、
私にピッタリ合っていました。

このところは、暴飲暴食気味なところから、
整えるきっかけとして、センナ茶を夜に飲むように
しています。

私の場合は寝る前に飲んでいます。
すると次の日の朝に、強烈な便意が襲って
きます。そして、ほぼ下痢状態が半日続きます。

便とともにガスも出るため、トイレに行くごとに
お腹がスッキリしてきます。

昨夜、センナを飲んだのですが、
今朝、目が覚めたところから便意が走りはじめ、
昼過ぎまで、何度もトイレに駆け込みました。

やっと落ち着いたところですが、お腹が軽く、
腰の張りも引いています。

下痢特有のお腹の痛みがあるので、
ニガテな人も多いようですが、
私にとっては、お腹と腰の張りが続くほうが苦痛。
便がひととおり出終わったスッキリ感に勝るものは
ありません。

お腹の調子に悩まされている方は、
ぜひ一度お試しくださいませ。
ただし、次の日は予定を入れないように。



今回、しばらく整えようと思いきや、
今夜、早速飲み会の予定が入ってしまいました…

今日の飲みは控えめにしよう。
[PR]
by powder_ski | 2008-08-15 15:20

帰宅

今日、実家から帰ってきました。

飲んで食って寝て、オリンピック見て・・・
という生活を繰り返してましたので、当然のように1~2kgほど太りました。

ま、太るのは予想もしていましたので、生活を整え直すことで元に戻ると
思っています。

短いですが、今日はこんなところで。
[PR]
by powder_ski | 2008-08-14 22:16

クマゼミ

今、大阪の実家に帰ってます。

オリンピックがはじまりましたね。
一週間、実家に引きこもってのオリンピック観戦ウィークです!

かなり楽しめる一週間になりそう。

東京もかなり暑いようですが、やはり大阪はもっと暑く感じます。
特に大阪と東京の夏で大きな違いを感じるのがセミの鳴き声!

大阪にはクマゼミという大きなセミがいて、
夏になると朝はセミの大合唱で起こされます・・・

大合唱

一匹

子供のころにはよく採りに行ったものです。
[PR]
by powder_ski | 2008-08-10 11:09

初動負荷理論

今日はめちゃくちゃ荒れた天気でしたね。
雷がすごかったです・・・

以前、ダイエットをしていましたが、その後の報告をしていませんでしたね。

ベジタリアン宣言(?)もしましたが、今は普通に何でも食べています。
とはいえ、肉や揚げ物といった、いかにもおなかにもたれそうな食事は
確実に減っています。

その後の体重、体脂肪率はほとんど変わらず。

最近は、減らしたいというよりも、身体を最高の状態に整えたいという
意識のほうが強くなっています。

そこで・・・というわけでもないのですが、初動負荷理論の登場です。

初動負荷理論というのは、比較的新しいスポーツ理論で、
イチロー選手も取り入れており、自分専用のトレーニングマシーンを
セーフィコフィールドの練習場にまで置いています。

初動負荷理論については数年前から気になっていました。
その頃に調べた限りでは、初動負荷理論のトレーニングを行なえる場所が
関東では五反田にしかありませんでした。

それが、今では池袋にもあるじゃないですか!
先日、見学してきました。

http://www.worldwing-gion.com/top/


3年ほど前にできたキレイな施設です。
器械を使ってる人たちを見ていると、いかにも軽く反動を使って動かしているようで、
筋トレというよりも動的なストレッチのような印象も受けます。

アスリートだけではなく、怪我、病後のリハビリとして使われたりもするそうです。
お盆明けにでも早速入会しようかと思います。

また、初動負荷理論に基づいて開発された靴(BeMoLo)も売っていました。
これもインターネットで下調べしていたのですが、試し履きすると、
普通の運動靴とはまったく違った感覚でおもしろそうなので
買っちゃいました。

最近は、この靴を履いて、なるべくウォーキングするように心がけているのですが、
以前よりも、距離がかなり延びています。
一日に10km近くは歩いているでしょうか。
かなり良い印象です。

私の場合、腰が弱点なのですが、いくら歩いても腰へ負担がきません。
腰へ負担がこないだけでも疲れが全然違います。
とてもバランスのよい靴のようで、慣れると他の靴が履けなくなるかも・・・
[PR]
by powder_ski | 2008-08-05 19:16

生理学

さてさて、このところアウトプットが少なくなって
いましたが、そろそろウズウズしてきています。

ネタには尽きないので、素直にウズウズに
従い、徒然なるままに書いていきますね。

これまで、いろいろな情報に手を出し、行動し、
といったことを続けてきましたが、
やるべきことが絞れてきました。

”スイッチON”です!

そのうちの一つ、
生理学の勉強をはじめました。

ストレスケアが出来るようになるための基本知識
の一つです。

そもそも精神科医ってどういう勉強を積んできているの
だろうと思い、インターネットで調べてみたのですが、
やっぱりお医者さんってものすごいですね。
勉強量がハンパじゃないです。

精神科医であっても、精神医学はもちろん、内科、外科、
法医学…と、医学すべての勉強と臨床を行なっている
わけです。当然と言えば当然かな…
手術もできるんです。(たぶん…)

そして、生理学の位置づけは医学(基礎医学)のなかでも
基本中の基本。
医学部、看護学校といった、将来、ケアを目指す方々が
最初の学年で習う必須科目です。

めちゃくちゃ簡単にいうと、
食べる、呼吸する、運動するといった、
あらゆる身体の正常な動きをこと細かく解明する
学問です。

今はまだ、超基本レベルですが、それでも、
「人ってこんなふうに動いているのかぁ~」
という感動がたくさんあります。
自分のことでもあるのに知らないことだらけ…

例えば、最近は脳科学なども結構流行りのようで
シナプス結合といった用語も普通に使われたりします。
しかし、どうしても脳科学の本にとらわれると、
脳の内部説明に基づく、能力開発であったり、
思考法であったり…

「シナプス結合した結果、電気信号が最終的には
どういう風に各細胞レベルにまで届き、その結果、
各細胞がどんな風に動くか。」
といった、身体の全体像まではなかなか語られない
ので、なんとなく消化不足でした。

生理学を勉強すると、そこのところがスッキリしてきます。

身体って、ほんとうに見事な精密機械(?)のようです。

ストレスケア、カウンセリングというと、心理学
のイメージが強いですが、医学的知識の
重要性をひしひしと感じています。

大変な世界に踏み入れたかも?!

いやいや、これから先の人生で必ず活きるはず。
少しずつ自分の中の疑問をときほぐしていく
知的好奇心をくすぐる最高の勉強です!
[PR]
by powder_ski | 2008-08-04 19:09