<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

腰を痛めた…

今、腰を痛めて寝込んでいます…

直接のきっかけは先週木曜日。
しかも、時々通ってた整体を受けたあとです。

金曜日はアルバイトの初出勤日のため急に行かない
わけにもいかず、また、それほどひどくもなかったので
出勤しました。

しかし、一日PCの前に座ってたのがまずかった…

帰宅してから今までほとんど横になっています。
(今も横になってW-Zero3で書いてます)

今回の腰痛の原因、実はさかのぼるといろいろ
予兆があるんですよね…

まずは、最近、飲み会が続いていたこと。
次に、水曜日に焼き肉をたらふく食べていること。

私の場合、基本的にお腹が疲れているときには
連動して腰を痛めるようです。

また、お腹が疲れているときにヨガなどをして
身体がほぐれてしまうと、ほぐれたあとに反動で
ギックリ腰になったこともあります。

今回は見事にこのパターンにハマりました。

足にシビれはないので、身体を暖め、あと1~2日ほど
プチ断食しつつ横になって休んでおけば、
復活するでしょう。

腰痛のときはクシャミは厳禁です。
体勢をミスるとトドメを刺すことがあります。

花粉症なので外に出ずに引きこもってます。

秋から冬にかわる11月あたりと、冬から春にかわる
3月あたりは、どうも私にとっては疲れがたまりやすい
時期のようで、よく体調を壊してます…

今後もこの時期は慎重に過ごしたほうがいいですね。

しかし、ここでお腹を整えるのにプチ断食をしておけば
おそらく、もう一段階、体重が減ると思います。

そういう意味ではちょっと楽しみでもありますね!
[PR]
by powder_ski | 2008-03-22 17:39

NLPの効果

以前勤めていた同僚の方から
「ウツでつらそうにしている人がいて、
カウンセラーさんを紹介してほしい。」
とのメールが入りました。

まぁ、前職の職場は私が勤めていたときにも
常時数名は、調子を崩している人がいたわけですが、
相変わらずどころか、更に人数が増えているようです。

私自身、ここまで復活した課程でいろいろ経験しています。
また、職場やエンジニア業界特有の事情も理解できます。

カウンセラーさんのところに行く前にワンクッション、
参考意見として私と話をしてみることもよいきっかけに
なるのではないかと思い、まずは、なんとかリハビリ出勤
で済んでいる方に会うことになりました。

実際に会ってみて、自分のこれまでの経験は、思った以上に
インパクトがあったようです。

最後には、
「喜んでNLPの練習相手になります。」
とまで言ってくれました。

もちろん、最初はNLPのことはあまり語るつもりはなかった
ですし、特にワークもしておらず、NLPの特徴と、
カリブレーションした結果、相手の本人自身が意識できて
いないクセを話してあげただけです。
(念のためカリブレーション結果を話す前に慎重に
フレーム設定もしました。)

さすがに、その方のプライバシーもあるので、これ以上の
ことは書けませんが、きれいに言えば自分の経験が
こんな風に人のお役に立ててうれしいです。

しかし、本心のところでは、今まで身につけたスキルを
使って、相手が劇的にかわるのを見て、まるでやっかいな
不具合のあるプログラムのバグをあざやかに修正したような
「ヨシッ!」
という自己満足の感覚。

現時点では、これで、
「カウンセラーになるぞ~!」
というような気持ちはほとんどないのですが、
相談業の魅力を垣間見たような気がしました。

また、やはりカウンセリングを受けるというのは、まだまだ敷居が
高いイメージが強いようです。

心が凝ったら整体に行くのと同じように気軽にカウンセリングに
行けるようなイメージになって欲しいですね。
[PR]
by powder_ski | 2008-03-14 20:21

印象的な夢

今日はなんだか印象的な夢を2つ見ました。
意味はよくわかりませんが、印象的なので書き残して
おきます。

■ 一つ目

場所や時間はよくわかりません。
何人かの信頼できるメンバーと一緒にチームでなんらかの
活動をしているようです。

メンバーは誰だかもよく覚えてないのですが、信頼のあるチーム
であることは確かなようです。

その場面では、それこそ戦争に巻き込まれるような絶望的な状況

陥っています。(戦争かどうかも定かではないのですが…)

そして、左のほうから、新興宗教の大きな集まりが奏でる歌声が
聞こえてきました。

後ろを振り返ると、メンバーの何人かが、そちらのほうに向かって
真剣な顔をして一緒にうたっていました。


■ 二つ目

設定は小学生くらいに住んでいた実家です。
なぜか、年齢は今現在の35歳です。

私自身が台所の隅で、絶望感で泣きまくってます。
このときの状況を追体験しているようです。

いろんなことに葛藤をもっています。

泣きながら、

「世の中、自分の今の状況よりはるかに苦しい人はいっぱいいる
のにこれくらいのことで泣くのは弱すぎる。」

「打開策が見つからないので、もうどう思われようととにかく
泣くしかない。」

「泣いたら打開策が生まれるかもしれないという、ある意味これも演技に
すぎなく、策略的な自分がいるなぁ。」

などなど、心の中に複数の人格があり、いつもは主役にいる調整役が
後ろに引っ込んでいて収集がつかない状況に陥っています。
もっと正確にいうと、泣きながら主役になったり引っ込んだりを繰り返して
いるようです。

文章で書けるのはほんの一面であり、実際には表現しきれないリアルさ
があるのですが、目が覚めてしばらく感慨にふけっていました。
[PR]
by powder_ski | 2008-03-10 09:00

yahoo!ダイエット状況

yahoo!ダイエットをはじめて15日くらいでしょうか。
毎日順調に記録しています。

yahoo!ダイエット、なかなかいいです!
powder_ski_05というネームで記録してます。

私が記録している項目は、
・朝の体重、体脂肪率
・食事内容
・食品群のチェック
・控えたい食品のチェック
・運動
・日記
です。

摂取と消費カロリーの記録欄もあるのですが、計算が面倒なので、
書いてません。

特に、食事の偏りを改善させる工夫は素晴らしいです!
毎日、食事状況の点数が付きますし、
摂取食品群が絵で表現され

絵の大小で偏りがひと目でわかります。



これが絶妙に訴えかけてくるんですよね~

私の場合、”いも群”が少ないことが判明し、意識して摂るようになりました。

また、”甘いもの”を食べてしまうのが最大のウィークポイントなのですが、
”レシート貼るだけ家計簿”との相乗効果で、確実に減ってます。

一週間ごとに食事アドバイスのメッセージが届くのですが、自動配信にも
かかわらず、いい刺激になります。


といいことばかり書いていますが、まだ体重は平行線です…
今までの経験だと、突如カクッと1kgくらい下がる日が現れます。
だいたい地道にダイエットを続けていれば、2週間くらいの時間差
できます。
そろそろかなと読んでます!

また、マイミクのかとさんが、おもしろいコミュを立ち上げました。
TRIAL 21


「なにか習慣にしたいことを宣言し、21日間続ける」
という、私好みのストイックなコミュです。
以前続けていた、
人生を変える100日ダイエット
と方向性は似てます。

そのコミュで、朝晩の加圧トレーニング継続を宣言しました。
去年やってたのですが、引越しのタイミングで存在すら忘れてました。

久しぶりにカーツのHPをみて、シェイプアップを実践してみたのですが、
きっちりと実践するとかなりよさそうです。
しかし、腹筋がずいぶんと落ちてるなぁ~…

10分運動の1時間後に脂肪燃焼が始まるので、1時間後に代謝UP
させる行動をとることで、更に効果が期待できます。

今日は朝晩ともに、お風呂に入りました。
日常生活ついでに実践できるのが魅力ですね!

あと2ヶ月後くらいには、だいぶ体質がかわり、おのずとあと3-4kg程度は
減ってることでしょう。(と書いてプレッシャーかけてます。)
[PR]
by powder_ski | 2008-03-08 21:00

意識的になること

今日は午前中にちょっとした用事を済ませ、
午後は一日、経営の勉強をしていました。

経営は、起業家ホットラインというところに入会させていただき
会員ページで勉強を進めています。
パンチの効いてるサイトですが、いろんな意味で私の趣向に合って
おり、1月に入会しました。

こちらのブログにも書かれているように、客観的指標として
”数字”は非常に大切な要素のようです。

些細なことですが、最近は、ダイエット記録や家計簿で
数字の持つ威力(魅力?)を感じています。
人は無意識にムダな行動をしてしまいがちですが、
数字はそんな行動すら意識的にするための強力なツールかも
しれません。

毎日、ダイエット記録をつけていると、当然といえば当然
ですが、食事や体重について、とても「意識的」になれます。
「意識的」になれるということは、「客観的」とイコールでも
いいかもしれません。
記録をつけ、意識的になることで、太る原因の絞り込みが
できてきます。
客観的になれれば、視野が広がり、アイディアもわきやすく
なります。

また、家計簿をつけはじめたことで、更に生活が「意識的」
になってきました。

めんどくさがりの私なので、レシート貼るだけ家計簿というのを
使っています。

コレ、なかなか良いです。

なるべく貼る枚数を減らしたくなるため、おのずとムダな
買い物が減ります。

幸い、私の場合、
  購入欲 < 貼るのがめんどくさい気持ち
になるようです。

ムダな食生活で、案外、経済的にももったいないことをして
いるということを痛感できます。
ここ数日、間食の量がだいぶ減りました。
思わぬ収穫のひとつです。

経営できるようなレベルにはほど遠いエピソードですが、
こういうことの地道な継続が後の大きな偉業につながる
のではと、夢を持ちながら過ごしています。

さて、最近思うのが、
 「自分は案外、継続力が強みかも」
ということです。

ちょっと引かれるだろうとは思いつつ、
継続力が強みである理由(仮説?)を説明します。

私が継続できる要因のもっとも大きなものは、
 「親の遺伝」
だと思っています。
これはストレスセラピーを受けたことで、かなり確信しています。

特に父親は、興味を持ったことは何年も続けることが
大の得意です。何年どころか数十年だったりします。
これは大したものですよ!

私の場合、もちろん、他の要因でまったく続かないことも
あります。しかし、今までも比較的続く割合は高かったと思います。

次に、
「最近あまり苦も無く続けることが出来る」
ようになってきました。

大きな要因は、
 「細胞の代謝活動について知った」
ことだろうと思います。


私の継続力の話は一旦脇に置いといて、
ここから、いきなりミクロの世界に飛びます。

人間も人間であるまえに生物です。
そして、足の先から脳に至るまで、すべて細胞の
集合体です。

例えば、人は食事し、排泄します。
かなり飛躍しますが、ミクロのレベルでは細胞が栄養をInputし、
いらないものをOutputしているわけです。

細胞が快適に代謝していれば、当然、快適に活動できるはずです。
しかし、代謝がうまくいっていない場合は、
痛みや凝りであったり、不安や不満という気持ちで訴えかけてきます。

こういう身体の警告がある場合は、まず、細胞を休ませ、代謝を
回復させなければなりません。コレ、最優先です。
なかなか回復しない場合、そもそも日常生活がキャパシティオーバー
なのかもしれません。
(最近、この状況に陥ってる方がとても多いと思います。以前の
私のように…)


ここで、私の継続力の話に戻るわけですが、
社会の常識にとらわれず、常に細胞レベルに意識を向けることが
できるようになりました。
(そして、このことを体感的に理解できているのは、苦しい状況から
順序だててストレスセラピーの施療を受けてきた結果でもあります)

続けることが細胞の代謝を阻害するレベルに達する場合は、
 ・その行動の質量を減らして続ける
 ・続けるネタを減らす
といった柔軟な対応をしようという意識になっています。


今日は、”意識的になること”をテーマに思うがままに書き
ましたが、だいぶ、いろんな方向に話が飛びましたね。

このテーマでしたら、ソフィーの洋書学部で読んでいる
QuantumSuccessがらみや、NLPがらみなどで、
もっと書けることもあるのですが、
とりとめもなくなるので、また、思いついたときにでも。
[PR]
by powder_ski | 2008-03-06 22:36

NLPの魅力

今日は一日NLPプラクティショナーコースの復習をしていました。
マスターも残すモジュールはあと1回だけになったのですが、
さすがにここまで来ると、NLPの全体像が見えてきました。

難解に感じていたプラクティショナーコースの分厚いテキストも
先生のメルマガの理解度もかなり向上してきました。

特に凄さを実感しているのは相手のコンテンツに入ることなく、
プロセスで変化を促すことができる点です。

例えば、何か悩みを抱えた人に相談をもちかけられたときに、
通常であれば、話の内容について充分に聞き、自身の経験から
なんらかのアドバイスをすることになります。(「相手の内容」をコンテンツという)
しかし、NLPの場合は、話の内容を聞かずに、数十あるスキル(公式と
呼んでもいいかも)にあてはめて、公式を忠実に実行できるよう
に相手を促すことで、コンテンツに入るのとは違った短時間での
大きな変化が期待できます。

私の場合、これまでは自分自身のケアのために学び、活用してきました。

そろそろ、自分だけではなく、他の方にも体感していただく機会を
増やすほうがいいかなという気がしてきました。

もちろん、自分自身に対してもいろいろ試す余地は限りなくあります。

しかし、他の方が体感する変化により、実は自分自身が持っている
リソースでは到底知りえることが出来なかった気づきを得られることも
事実です。

最近、ちょっとそういうおもしろさに魅せられています。

まずは、かたづいた自宅にて、気心の知れた友達や身内の人に協力して
もらって練習してみます。
[PR]
by powder_ski | 2008-03-05 21:42