<   2008年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

思考の整理学

ちょっと頭の中を整理するため、しばらくは
本を買うのはやめることに決めていたのですが、
ついつい、買ってしまいました…

「思考の整理学」

しかし、買ってよかったです。
特に、自己啓発のためにいろいろ試しているが、
なかなか定着したものがないという方や、
記憶術などの「術」という言葉に敏感な方にも
オススメです。

ノートの取り方から睡眠に至るまで、結構、広範囲に、
非常にシンプルに、かつ、深い裏付けを添えながら、
理論展開されています。

それぞれのテクニックにはいくらでも発展させた類書が
たくさんあるのですが、ひと味違うんですよね。

この本、1986年の出版です。
PCが出てきたことで、人間はより、どのように思考するべきかということに
ついてわかりやすく述べています。
その当時、まだPCなど、一般家庭にはほとんど普及していなかった時代
なので驚きです!

人ってなかなか思い通りに記憶できないものです。
大事なことは忘れ、つまらないことに限ってしっかり覚えて
いたりします。

一方、PCは実に早く正確に記憶してしまいます。
この能力に関しては、人間は全く足下にも及びません…

さて、人間の記憶ってそんなものなのに、暗記することに
どれくらいの意味があるのでしょうか?
そんなことよりも、PCがニガテとする能力をのばすほう
が良いんじゃないの?

といったことが内容のひとつとしてあります。

これは大賛成です!

繰り返しになりますが、ほんと、驚きです!
1986年に書かれているにも
関わらず、今まさに、多くの人(特に日本人?)が知っておく
べき内容です。
なんとなくわかっていながらも具体的に意識や行動ができて
いなかったりするのが現実です。

磨くべきは、知識よりも知恵です。
得た知識を、どのようにして実用に落とし込むか。

ここからは、個人的見解ですが、
最近、私、記憶法的なことは完全にやめています。
単純に、受験のような機会がないというのも理由の
一つですが…

今では、”インターネット”という果てしなく巨大な
データベースがあります。

意識して行動していることは、
 ・深く知りたいことについては、積極的にwebで関連する
  資料を読む
 ・あとで、「あぁ、あれはどこいったかな?」となりそうな
  情報は必ず、gmailに記録を残しておく
 ・ちょっとしたことは、すぐにW-Zero3[es]にメモする

W-ZERO3[es]

W-Zero3[es]については書いた内容が、時間を守るべき
ようなことであれば、アラームを設定しておけばよいし、
友人のおすすめ本などであれば、タイトルだけ書いておけば、
あとでゆっくりとwebで調べて、本の評価などを読むこともできます。

最近よく、
 「すごくITを活用しているね。」
と言われることがあるのですが、W-Zero3[es]である必要は全くなく、
大半のことは携帯電話でできます。
というより、アラーム機能以外は、手書きメモするクセが
あればいいだけの話ですね…
言い換えると本質的には
 「よくメモしているね。」
ということになるのかもしれません。

さて、私にとってはIT活用については少しずつ知恵がついて
きているのですが、求めているのは、もっと人生において
パワフルな知恵です。
(具体的な言葉が浮かばないのであえて”パワフル”と
ぼかしておきます)
[PR]
by powder_ski | 2008-02-28 20:12

振り返り

最近、ブログを見て下さっている方も少しずつ増えているようです。
感謝感謝!
ノセられついでに、今日は自己陶酔型の記事をあげます。

今日はソフィーの洋書学部でした。

月末なので、これまでの振り返りの日です。
洋書学部にはちょうど今年に入ってから通いはじめました。

月単位であったり、年単位であったり、振り返り方は自由なのですが、
大体、去年末あたりからと現在との比較を行ってみました。

この振り返り方は、洋書の内容にこだわるだけでもなく、
人生においてどんな気づきや変化があったかということにも
スポットをおきます。

私にとって、大きく変化したのは、
「意識の在り方」
です。

これは、なかなか説明が難しいな…

例えば、特に去年までは、何かちょっとした困難に出会ったときや
先が見えないことによる不安が出てきたときには、
 ・困難を乗り越える、もしくは回避するための最善策を、アイディアが
  出るまで考えようとする
 ・不安を打ち消すべく、とにかく行動してみる
というようなことがとても多かったのですが、最近は
 ・考えることそのものが、疲労につながっていると感じるときには
  考えること自体をやめる
 ・5つのキーワードに合ったことのみを行動する
というようにしています。

最初に、”例えば”と書いたように、これも一例に過ぎません。

根本は、
「意識の在り方」
の大きな変化です。

どのようにして、今のこの”意識の在り方”に変化させることが出来たのか、
そのメカニズムは、今まで受けてきた、生井先生の施療を振り返り、
その理論を整理、それをベースにNLPで使われる用語を味付けとして
適時交えることで、ある程度説明可能なように思います。

しかし、質問、反論に対して、適切な返答ができるにはほど遠いので、
1~数年はみっちりと勉強する必要がありますね。

今後(というか今でも…)、経済的なことなどうまく社会に適応させながらも、
こだわりをもって深く追及するという、リアルな葛藤があるわけですが、
基本的に世の中、葛藤だらけなわけですので、それすら楽しみつつ、
葛藤から生まれるインスピレーションを信じて、将来に希望を見出します。

と、そんな感慨にふけった夕方のひとときでした♪
[PR]
by powder_ski | 2008-02-25 23:12

人生の5つのキーワード

実は2週間前に生井先生の最後の施療を受けました。

もうすでにウツは完全に治っていることは、周りの誰が見ても感じることだと
思います。
実際、最後の3回はウツの施療というよりも、完全にコーチングの域に入って
います。

大抵のクライアントさんは最後に達する前に本人が満足を得るため、
この段階まで進む人は少ないそうですが、たまに訪れる私のように
やっかいな人は最終段階までしないと満足できないようです。

最後の3回でやった具体的なことは、
 「今の自分にとっての5つのキーワードをあげ、
 紙に大きく書いた5角形の頂点にそれぞれのキーワードを置き、
 その紙を部屋の目に付くところとトイレに張る」
ということです。

3ヶ月くらいで自然と今までとは違った意識回路が働きはじめ、
進む方向が明確になるとともに、彼女から友人にいたる
人間関係や、服装までその方向にふさわしいものにかわって
くるそうです。

方法はあまりにも単純ですが、背景説明を聞くと驚くべき内容でした。
(最新の脳科学や免疫学なども含まれ、今の私の知識レベルでは
誤解を生む説明になる危険性もあるので、内容は割愛します。なんだか
ジラしてる・・・?)

理論は納得ですが、今のところ劇的な変化にまでは至っていません。
まぁ、先生のことなので、きっちりと3ヶ月後には効果が現れている
ことでしょう。

ちなみに、私にとっての5つのキーワードは、
 ・ライフワーク
 ・ストレスセラピー(生井先生のスキル)
 ・英語
 ・経営
 ・コミュニケーション
です。

いずれもすでに具体的行動に入ってはいますが、その先はまだ
薄い霧がかかっています。

まずは、3ヶ月後を楽しみに日々を大切に過ごしていきます。

おそらく生井先生のことだからこの「3ヶ月」という期間設定までもが
高度に計算されており、私の深い部分に綿密に訴えかける仕掛けが
仕組まれているのだろう。
これまでも、驚くべき”仕掛け”で回復してきましたので。
先生にかかるとまな板の鯉のよう…
[PR]
by powder_ski | 2008-02-24 23:43

100日間ダイエット完了!

mixiコミュで続けていた、100日間のダイエット記録
「人生を変える100日ダイエット」
が今日で完了しました!

去年の10/15に記録をはじめてから、
-4kg減量できました。

グラフ化もしましたので、貼り付けておきます。
a0101451_20504749.jpg


去年の年末までは順調だったのですが、年をあけてから
ペースダウンしました…

原因はやはり記録をサボりはじめたからですね。
最近は小さくなっていた胃が戻りかけているようにも
感じます…

ちょっと気分を変えて、これからは、
yahooダイエットのほうにトライしてみます。

こちらは90日間の記録です。
これからあったかくなり、薄着になってくる季節ですので
やりがいがありますね!
[PR]
by powder_ski | 2008-02-22 20:50

親指シフト入力について


私は現在、PCで入力するときにはみなさんが通常使っているローマ字入力ではなく
親指シフト入力を使っています。

昨年、勝間さんの本を読んで親指シフト入力のことを知り、
理論的にはローマ字入力の1.7倍の早さで入力することが可能という
ことで、昨年末から練習しています。

今は、ほぼ完全に手が親指シフト化しています。

しかし、入力スピードはローマ字入力の0.7倍くらいでしょうか。

さすがに10年以上、SEとして働いてきたので、ローマ字入力のスピード
はかなりのものでした。
親指シフトに手がなじんだものの、スピード的にはときどきPCを使う人
と同じくらいではないでしょうか。

今はまだ練習をはじめてから一ヶ月半ほどなので、
一年もすれば、ずいぶんと状況はかわると思います。

やっかいなのが、たまに他のPCを使う場合に、当然ローマ字入力を強いられる
わけですが、数分は手が混乱してしまうことです。

今後、仕事でPCに自分の好きなフリーソフトをインストールしてはいけない
ような環境の場合は、せっかく練習した親指シフト入力が使えないかも…
[PR]
by powder_ski | 2008-02-18 10:01

シカゴ

音楽ネタです。
今回はシカゴ。

父親もシカゴのファンで、ファンになったきっかけは、父親が持っていた
カセットテープを聴いてからです。
小学校の5年生くらいでしたが、”18”というアルバムで、その時点で
それこそ18年くらい活動しています。
今も現役で活動しているので、すでに40年くらいになるんじゃないかな。

すごいですね。

まずはコレ
探した動画の中では一番好きなライブ映像です。

次は、コレ
とっても、へたっぴな日本語の貴重なライブ映像です♪


次はコレ
デビッドフォスターと、ピーターセテラの競演です。
デビッドフォスターは映画「ボディーガード」の主題歌でホイットニーヒューストンが
歌う”I ALWAYS LOVE YOU”のプロデューサーです。
超有名ですね。
シカゴでも何曲もプロデュースし、フォスター節を披露しています。
この映像も名曲ぞろい!

しかし、ピーターセテラの歌声は圧巻!
[PR]
by powder_ski | 2008-02-16 15:06

講師の方の身になって考えてみると…

今日は、勝間さんのこちらの記事を読んで、ちょっと考えさせられました。

セミナーで決算書の話をするのだが、Google化など内容をはきちがえて
来られる方がいるのではと心配しておられるようです。

勝間さんの文面では、ただ素直にお客さんが残念な思いをしない
ことを願っているだけと思います。

実は、自分自身がろくに決算書に興味もないのに、このセミナーがあることを
知って、
「ちょっと行ってみようかな。」
と思いました。(結局やめましたが。)

ちょっと考えてみると、こういうのって講師の方に大変失礼な一面がありますよね。
「勝間さんが話すんだったら、とりあえず何でも参加する。」
という浅~い発想…
もちろん講師としては集まってくれるのはうれしいでしょうが、
浅い発想からくる軽い波長はどうしても伝わってしまうでしょう。

まぁ、出版記念のセミナーなどは値段も安く、講師もそういうことは
折り込みずみで、むしろファンが増えてよいことなので
考えすぎなのかもしれませんが…

でも、あまりにも軽いファンばかりが増えると考えてしまうだろうな…

さて最近、私は仲間のお誘いのままに、いろいろなセミナーに出席しました。
出席したからには、少しでも自分の身につくように、復習し、
そこから得られた自分の視点での意見をブログで発信し、
実行できることはすぐしてみるように心がけてました。

でも、限界がありますね。
「やりたいことが多くなりすぎて、はっきり言って疲れる。」
当たり前といえば、当たり前ですが…

「無意識(潜在意識)が捕らえているので気にする必要ないよ。」
とポジティブ風に言う人もいるでしょうが、
そもそも意識が「疲れ」を感じていては、無意識は働かないはず。
(この循環に陥ってる人、案外多いのでは。)

今後は、するべきものを絞り、質を上げていきます。
[PR]
by powder_ski | 2008-02-15 20:30

マインドマップ講座

今日は、マイミクのいがじゅんさんが講師のマインドマップ講座に行ってきました。

マインドマップは我流では結構書いてましたが、正式な書き方を教わったのは
はじめてです。

非常にわかりやすい講座で、とってもためになりました。

しかし、基本に忠実に、心理的抵抗なく日常生活での当たり前のツールとして
 「ちゃんと使えるようになってきたなぁ~」
というレベルまでになるには、私の印象では、パソコンのブラインドタッチを
 「抵抗なくできるようになってきたなぁ~」
というのと同じくらいエネルギーを注いで、毎日練習する
必要がありそうな気がしています。

カラーペンを使って、基本に忠実な書き方をすると結構時間がかかります。
私など、もともと絵を描くのはニガテな上に、センターイメージを3色以上
使ってビジュアル化しないといけないので、このセンターイメージを書くだけ
でも結構時間がかかってしまいます。

そこで、我流のマインドマップは描くクセがついているので、まずは
今までの我流スタイルをちょっとずつ基本ルールにもとづいたものに
改善を加えていこうかと思います。

あとは、英語勉強での活用。
これはかなりの効果が期待できます。
すでに、ソフィーの洋書学部では、我流マインドマップを活用して
いますが、更にブラッシュアップできる可能性を感じています。

あと、課題はITとの連携。
私の場合は、結構IT依存度が高く、どちらかというと手書きのほうが
補助的なのでマインドマップを使うことで手書きのほうが主流に
なってしまうことにも心理的抵抗感があります…

それぞれにメリットデメリットがあるはずなので、うまく活用したいですね。
[PR]
by powder_ski | 2008-02-11 23:11

ちくぜんさんの特集

今回は佐藤竹善さんの特集です。

まずはコレを見ていただくのがいいかな。

ちくぜんさんとの出会いは、高校生のときで、
大阪の実家にいるときに、地元FM局でMusic Gumboという
番組でちくぜんさんが司会をしていました。

さりげなく聞いていて、紹介される曲の数々が
自分のツボにはまるものばかりで、すぐにこの番組の
ファンになりました。

聞き続けるうちに、ちくぜんさんの歌唱力はもちろん、
誰にでも慕われそうなお人柄や、音楽や人に対する誠実な
姿勢など、いつの日にか尊敬する人になっています。

ブログでも、そのお人柄は存分に伝わっているように思います。
明るくてほっこりした雰囲気で、ちくぜんさんの伝えるメッセージは
堅いわけでも、おしつけがましくもなく、かといってお遊びのコトバに
走りすぎるわけでもなく、ふっと心があったかくなるような
言葉を残してくれています。

「ほどよい、あんばい。」って感じでしょうか。

ところで、over30の方々でちくぜんさんを知らない方は
コレを見るとすぐにわかりますよ。

一番有名な曲がコレなのがSingLikeTalkingらしいところ
ですが…

でも、ファンとしてはブレークすることを願う反面、今の
距離間は心地いいですね。

これからも音と言葉で心に残るメッセージを伝え続けてほしい
です。

NLP的に言うと、どんどんモデリングしたいんですが、
体型だけが見事にモデリングされている気が…
[PR]
by powder_ski | 2008-02-10 13:12

すごいニュース!!

私、昔からのSing Like Talkingのファンで、Vocalの佐藤竹善さんの
ブログ
もよく見てます。

そこで、先日、びっくりする記事があがっていました。
こちら
ジャーニーというアメリカのロックバンドがありまして、YouTubeで発掘したフィリピンの
バンドのVocalが、ジャーニーの新Vocalとして迎え入れられたそうです。
知らない人も、とにかく見てください。
こちら
みなさん必ず知ってる名曲です。

これはスゴイ!

アメリカンドリームって言葉がありますが、これはワールドドリームですね。
日本では全く話題にされませんが、インターネットのいろんな可能性を
感じさせるビッグニュースだと思うんだけど、誇張しすぎかな…

インターネットによって世界がものすごく身近になってます。
これだけ、世界が近づき、映像という形でビジュアル的に情報発信、
受信ができるようになった今、英語は必須ですね。
話せないと世界に取り残されます…
最近、英語の勉強をはじめてますが、こういうニュースを見ると気合いが
入りますね。

さてしょーもない理屈はともかく、いままでのボーカリストにそっくりで、
純粋に歌のうまさでも感動します。

こちらも名曲ですね。

こちらは過去からのボーカリストの変遷です。

日本ではボーカリストが次々とかわることはまずないですが、海外では
結構あったりします。
私の好きな、ChicagoやToToなんかもそうです。

ジャーニーはそんなに意識して聞いていませんでしたが、このニュースで
ちょっとファンになったかも…

最近、頭のなかでヘビーローテーション中。
[PR]
by powder_ski | 2008-02-09 22:12