地域活性化活動

最近は、師匠のブログ
http://stress-therapist.jp/blog/
の更新に力を入れています。

現在のところ、具体的活動として表に出しているのは、
「そば畑オーナー制度」
です。

しかし、真の目的は「過疎地域活性化」にあります。
映像を載せまくっているのも、そのためです。
ありのままを伝えるには、なによりも、生の映像が一番。

奥多摩の山奥の集落は、東京都でありながらも限界集落(滅びる寸前の集落)
でもあります。

私が活動しているNPO法人自然農法塾が居を構える、「峰の里」も
人口が24人。
そのほとんどが70歳以上の高齢者です。

日本の過疎地域の縮図ですね。

私、この活動は時代に逆らったことをやっているように見えて、実は時代の波に
乗っている可能性があると思っています。

例えば、経済についてはグローバル化に向きすぎたひずみがサブプライムローンなど
の問題として現れており、
「なんだかわからないが時代が変化している。」
と感じている人は多いと思います。

極度の都市集中、地方の弱体化も同じような現象です。

そして、その反動で、きっと近い将来、地方に少なからず人が移動するような
ブームがやってくると信じています。

今の活動は、そのブームの先取りですね。
[PR]
by powder_ski | 2008-10-19 22:28
<< お金とストレス プロフィールをアップ >>