自己を確立するには瞑想が大切?

おはようございます!

今日は、いつもよりちょっとリッチ(?)にガストで
朝食です。

しかし、2日間ほとんど眠ってました。
私の場合、1日6~8時間の睡眠時間を
確保することは早起き以上に大切なようです。
背中や腰も痛くなり、完全に自律神経を狂わされて
いたようです。

さて、NLPセミナーにてあらためて瞑想の奥深さを
知りました。

NLPを勉強していると、「自分」という柱を
しっかりと持ち、対人関係での悩みが減り、ストレスが減り、
あたかもスーパーマンのようになれるかもという大きな
期待を描きがちになってしまいます。

セミナーのあるワーク後に、どうしても腑に落ちない点が
あったため、
 「アイデンティティーを確立するためには、
 このワークを繰り返すしかないのでしょうか?」
というニュアンスのことを質問しました。

すると意外にも、
 「瞑想しかない。」
 (”しか”と断定したかどうかは定かではないが、
  私はそう受け取った。もしかすると”瞑想がより良い”
  という意図だったかもしれない)
との講師の答えが返ってきました。

これは驚きでした。
これまでの生徒からの質問の受け答えを見ていると、
 「今、意識できないかもしれないが無意識はちゃんと
  理解しているので大丈夫。」
や、
 「ワークを自分で繰り返すことで、無意識的有能性に
  近づき、自分が好む出力を得ることができる。」
など、NLPの無限の可能性を感じさせる回答ばかりでした。

時間もあまりなかったため、それ以上つっこんだ質問は
控えましたが、聞きたいことが頭の中にモクモクと
わいています。

率直に言うと、
 「では、どういう方法で瞑想をすれば良いのか?」

瞑想といっても、
 ・ヴィパッサナー瞑想
 ・サマタ瞑想
 ・ヨガのあとにやる瞑想
 ・禅寺で行われている瞑想
 ・TM瞑想
 ・瞑想CDなどを使った我流のもの
など、種類はたくさんあります。

また、実践するにしても、
出家でもしないとなかなか効果は感じられない
というような類のものであれば、
私のように日常で非常に価値を感じることが
できるツールとしては、ふさわしくありません。

また、マントラを伝授してもらうことで、早い効果が
見られるようなものもあります。

でも、あまり理屈がわからずに強力な効果があるもの
も、ちょっと怖いのですよね。

瞑想ってやり方を間違えると、あちらの世界に行ったまま
返って来れなくなったり、何かに憑かれてしまったり
する副作用もある、というようなこともよく聞きます。

私自身は以前に投稿したように、ヴィパッサナー瞑想の
瞑想会に参加したことがあります。

ヴィパッサナー瞑想は、NLPでいうところの4Te、「今ここ。」
にいるクセづけを行っていくという意味で、
理論的にも納得がいき、日々の短い実践でも
効果があるように思っています。

しかし、「アイデンティティーの確立」というところまで
いくと、どういう理屈でそこまで達成できるのかが、
とんと理解できません・・・
また、NLPとの相性はどうなのでしょう?

まぁ、理屈で理解しようとすることや、
瞑想の種類を選ぶこと自体がナンセンスなのかも
しれませんが、次回の時間があるときにでも、
ちょっと突っ込んで講師に質問したり、仲間と
話したりしてみます。
[PR]
by powder_ski | 2007-07-11 08:03
<< 図書館を活用 昨日はダウン・・・ >>