先延ばしグセ対策♪

a0101451_11302823.jpg


以前の記事で書かせていただいたように、
今の自分にとっての課題は
「家事全般」
です。

いろんなことが先延ばしになっています…





少し前に石井宏之さんの”「心のブレーキ」の外し方”
という本を読みました。
結構、本屋でも平積みになっているので
ご存じの方も多いかと思います。

まずはゆっくりと行動すること。
最初の行動がもっともパワーを使うが、
慣れてくると、パワーをかけずに続けることができる。
といった内容です。

これは「目から鱗だ!」と思い、実践してみました。

それでも…できないときにはできない、続かないん
ですよね。

先日の夜中にも、「さぁ、今度こそ。」と奮起し
部屋の片づけに取りかかりました。

その途中で洗濯物の山の中から出てきたのが
写真の”フィーリングGoodハンドブック”です。
”いやな気分よさようなら”という認知行動療法の
本の続編で、心の病全般の治療法を更に実用的
にまとめたページ数が700以上もある超ブ厚い本です。
ネットでも評価が高かったため、ずっと前に買ったのですが、
ほとんど読まずに放置状態でした。

そもそも、片づけには身が入ってないので、浮気に
走りました。(いつもの展開です)

ザーッと内容をみてみると、
「先延ばし」に関しての章があります。
今の自分にピッタリ!
読み進めると、
「うぉ~、これはなかなか凄いかも!」
納得の内容です。

まず最初に書かれていたのが、
  行動→やる気→更なる行動
という図式。これは「心のブレーキ」でも述べられている
ことです。

次に、完全主義、報酬の欠如、すべき思考など、
先延ばしになる要因をあらゆる角度から述べています。
そこの最後に、「グレートッ!」な発想がありました。

「先延ばしをした本当の理由は、あなたが行いたくなかったからです。」

「はぁ?」って思いますよね。

表面ではやらないとと思いながらも、
本当は自分にとって優先順位の高くないことであり、
先延ばしが、自分にとって健康的な反応の場合が
あるのです。

ここまでだとあまりピンとこないかもしれません。
で、ボクは対処法を読んで、ガツンとやられました。

最初に「メリット・デメリット分析」というのを行います。
それをすることによる、メリットデメリットを客観的に
挙げていくのです。

片づけしないことによるデメリットとして、
  ・必要な物が見つからない
  ・罪悪感を感じる
など、数々とあります。

しかし、
  ・他のしたいことに集中できる
  ・考えることが減る
といった立派なメリットも意外にあるものです。

結果的に今の自分にとって
どちらの比重が大きいかを比較します。

比較した結果、しないことによるメリットのほうが
大きいと感じたなら、
「堂々と、今はやらなくて良い。」
と決断できるのです。

この発想は、自分にとってすごく大きい!
理由がはっきりするというのは心が落ち着くものです。

今までを振り返り、分析することにより、
まず心の重荷がスッと降りました。

こうした論調で、論理的な解決方法
についてわかりやすく詳細に述べられています。
メリット・デメリット分析だけでなく、他の内容も
見逃せません。他の内容との関連があってこそ、
この分析のすばらしさも生きています。
なんせ先延ばしネタだけで50ページもありますからね。
いやぁ~、ブ厚くなるはずです。
でも、間違いなく内容は濃いです。

さすが、認知行動療法はちょっと地味な印象もありますが、
臨床実績も豊富で、たたき上げられているだけあります。
心を安定させるため、実績に裏付けられた安心感があります。

精神世界のことや自己啓発に精力的に取り組む
元気な方々にとっては目に届きにくい本かもしれませんが、
「家庭の医学(心版)」のようなノリで「いやな気分よさようなら」
とセットでおいておけば
必ず役に立つ時はあるかと思います。

すばらしい本に感謝感謝。

というわけで、ユックリペースではありますが、片付けも進んで
おりますです。はい。
[PR]
by powder_ski | 2007-04-14 11:29
<< 7弦バイオリンコンサート 気付くということ >>